2008年07月02日

日本一に挑戦しませんか?

日本一に挑戦しませんか?

日本一といってまず思い浮かぶのはやはり
富士山ですよね?
(自分だけ???)
日本人なら一度は登ってみたい山それが富士山です

また、普段登山をしない人でも沢山登っている山という
意味でも日本一かも知れません

その富士山が昨日いよいよ(7月1日)山開きとなりました
碧ツーリストでも

今では毎年恒例になった富士登山を
8月1日に実施します

毎年富士登山には登山初めての参加もあり、毎回良く
質問されるや疑問にお答えします

まず富士山の標高は3776Mあり登山日の町の気温は
30度を超え夏真っ盛りですが、山頂の気温は真冬と
言ってもいいくらいの気温になり、ご来光を望むときには
氷点下近い気温にまでなりますので、服装や持ち物が
大変重要になります

服装は・・・登り始めの五合目では半袖シャツ程度の服装
      ですが、帽子等の日よけが必要で対策と紫外線
      対策が必要です(お肌を大切に)
      また、高度が上がるにつれ気温が下がりますので
      フリースやヤッケなどの防寒具が必要です
      手袋も忘れに!        

飲み物は・・登山道に並ぶ山小屋に売っていますがやはり
      値段が高いのである程度持参することをお勧め
      します(1リットル程度)不足分や体力に自身が
      ない人は割り切って購入するほうが良いです

酸素は?・・携帯酸素を何本も持参している人を見かけます
      が、あくまでもお守り程度にしかなりません(泣)
      高山病で体調が優れない人は下山することが
      一番の薬になります

***高山病の症状は頭痛や倦怠感、吐き気など様々な症状が
現れますが、ゆっくり登りまた山小屋で高度順応の為仮眠を
取りますので、高山病にならないように工夫しています***


雨具は・・セパレートタイプの雨具を用意したほうが良いです
      (防寒具として併用することができます)
     傘は多少の雨には有効ですが風があったりすると
     使えません

お酒は・・・山小屋に売っていますが寝酒手度に少量なら良いで
      すが高度が上がると酔いやすいので注意が必要です
      お付き合いはいたします(笑)

山小屋は・・富士山の山小屋は登山が出来る短い期間に登山客が
      集中し混雑ますので、はっきり言って快適とは
      いえません(スミマセン)
      なので、仮眠を取るというよりは、横になって休む
      位の気持ちでいたほうが楽です。。。

トイレは・・山小屋があるところにありますので登山中の
      心配はありません
      以前はお世辞にもきれいとはいえませんでしたが
      最近は山小屋にバイオトイレが設置されている所も
      多くなりました。利用にはチップ(200円程度)が
      必要なので小銭が必要です。綺麗な富士山の為に
      ご協力お願いします

登山道は・・よく整備されていますが、登山に変わりは
      ありませんので、しっかりとした靴を履いて
      ください。またご来光を見るために暗いうちに
      山小屋を出発しますので、ヘッドランプを必ず
      持参してください(予備の電池も忘れずに!)

富士山は見る山で登る山じゃない!って言う人がいますが
私自身何回も登っていますが、何回登っても行く度に違う
表情で迎えてくれる富士山は最高です。

ご来光はもちろんですが、夜間の流れ星や街の明かり
運が良ければ影富士も見ることが出来ます

そんな富士山に今年こそ挑戦してみませんか?
その他の質問や疑問がありましたらご連絡くださいね

碧ツーリストのホームページはココからどうぞ!!


毎回一回ポッチっとお願いします
  ↓ ↓ 
banner_02.gif



posted by チーフ平田 at 10:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山のお誘い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101988815
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。