2010年05月07日

甲州街道ウォーキング-その3

甲州街道ウォーキング-その3


前日の大雨に洗われて、新緑が目に沁みる朝です。
今日で3回目。八王子駅で前回終わっているので、
そこから与瀬宿までの16.8kmを歩きます。

八王子宿・駒木野宿あたりまでは歩きながら見えている景色は
現代っぽい感じでしたが、高尾駅を過ぎたあたりから少し
勾配が感じられて、緑も多くなってきました。

浅川のせせらぎが大きく近くなり、道と並ぶようになる頃、
目の前に山が迫ってきます。

通る車も数えるほど。あんなに邪魔(失礼!)だった自転車も
いつしか見なくなりました。

聞こえるのは水音と鳥の声だけになり、あたりが静かなので、
おしゃべりの声も弾みます。
途中降り出した雨も林に入る頃止んで、気持ちのいい青空に
なりました。

道はアスファルトから土と石と落ち葉と木の根っこの道に
変わりました。

今日は峠越えがあります。甲州街道でも一、二の厳しさと
いわれた小仏峠を越えていきます。

山登りのような勾配を、当時の人はわらじで越えたのかと思うと、
くじけてはいられませんよね。

小原宿本陣.jpg
甲州街道ウォーキングの続きを読む
posted by チーフ平田 at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 内田リーダーの添乗日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

甲州街道ウォーキング-その2

甲州街道ウォーキング-その2


前回は日本橋から内藤新宿、下高井戸、上高井戸、国領まで
の五つの宿を通り、約23キロ歩きました。

二回目の今日は、布田五ヶ宿から府中宿、日野宿、八王子宿です。
今で言うと、調布市、府中市、国立市、八王子市です。
関東一帯に前日(4月17日)降った雪が日陰に残っていますが、
カラッと晴れて光も新緑も眩しく、歩くにはいいお天気になりました。

このあたりの街道沿いには、大きな木造の建物が目につきます。
神社仏閣だけでなく、お酒屋さんや食堂(昔は旅籠だったらしい)
など民家もけっこうあり、欅や松の大木などが枝を伸ばして、
風情があります。

また、布田五ヶ宿上石原には近藤勇の座像があったり、
日野宿本陣は土方歳三にゆかりがあったり、
八王子宿にはいると土方歳三生家があったりと、
新撰組街道といってもいいくらいです。

八王子宿-土方歳三生家.jpg
甲州街道ウォーキングの続きを読む
posted by チーフ平田 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 内田リーダーの添乗日誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。